ミニモのサロン集客メディア

ミニモの集客美容室の集客
2022.05.13

【連載vol.1】お客様の“オンリーワン”を目指す美容師の【接客・サービス】5つの極意


この記事は5分程で読み終わります

美容師歴14年目の布施拓也さんは、年間指名3,000名ものお客様に接客・施術を提供するなかで、美容師として数多くの実績を残してきました。
そんな布施さんにも、デビュー当時には集客や接客の仕方について、さまざまな悩みを抱えてきたそうです。
これまでの布施さんを強く支えた”美容師としてのポリシー”とは?転機となった2つの出来事とは?
自身の経験談をもとにしながら、”接客・サービスにおいて大切な姿勢”をテーマに、コラムを執筆していただきました。

布施拓也

美容師歴14年目。現在はAUBE HAIR tokyo銀座3号にてフリーランスとして活動中。
自身が理想とする美容師像を貫きながら、年間指名3000名を担当し、2021年にはAUBE300店舗のなかで総売上・指名売上・指名数1位を達成。

  • Instagram

「美容師」はお客様の存在があってこそ成り立ちます。
人見知りだろうとなんだろうと、新規顧客の確保やリピーターを増やすことを避けて通るわけにはいきません。

でも、
「新規開拓も上手くいかないし、せっかく担当させてもらっても次につながらない…」
「自分のせい?接客に問題がある?サービスが不十分?何が悪いんだろう…」
と、頭の中が堂々巡りしているときってありませんか?

美容師としてこの先やっていけるのか不安な気持ち、僕にも分かります。

今では年間の指名が3,000件を超える僕も、若手の頃はなかなか指名してもらえず、つまずくこともありました。

美容師歴14年。僕は今、自分を慕ってサロンに足を運んでくださるたくさんのお客様の髪を手がけながら、自分が思い描く“美容師としての理想”を叶えつつあります。

このコラムでは、そんな僕のこれまでの紆余曲折と、接客やサービスで心がけていることをテーマにお話ししていきたいと思います。

「ちょっと集客に行き詰まっている」、そんな人のヒントになったら嬉しいです。

 

銀座で10年以上トップスタイリストとして走り続けた僕の今

夢を持って山形から上京してきて、沢山のお客様や仲間や家族に助けられながら、スタイリストとして経験を積んできました。

たかが美容、されど美容。ヘアスタイルひとつで、人って勇気をもらえたり幸せを感じたりするんですよね。人生を激変させるような大げさなことではないかもしれないけど、一歩を踏み出すきっかけにはなれる。“美容”を通して頑張る人の背中を押したくて、全力で走り続けてきました。

銀座は僕のスタートラインでありホームグラウンド。初心を忘れずにいられて、ブレずにいられるここ銀座で、今はフリーの美容師としてAUBEさんのサロンに立たせてもらっています。

おかげさまで「AUBE直営全店指名売上No.1」「AUBEグループ全店指名数No. 1」「 AUBEグループ総合売り上げNo. 1」を3年連続達成できるまでになりました。

指名してくださる方で予約が全て埋まる、というありがたい状況です。

お客様や理解ある周りの方々のおかげに他なりませんが、今の僕があるのは、上京したときと変わらない強い思いを持ち続けてきたからかもしれません。

だからこれからも、なりたかった美容師像に向かって、きっと歩み続けていくことでしょう。

 

デビュー当時の僕の課題

若手はどうしても、技術や経験の面で先輩に引けをとってしまうので、集客に苦労します。そう簡単に指名してもらえるものでもありません。

でも、何もしなければいつまでもそのまま。
ただ待っているだけでなく、積極的に動いて技術や経験以外の部分でカバーできるようになるしかありません。

そのことに早く気づくことができればよかったのですが、デビュー当時の僕は、お店に集客を任せるばかりで、自分では何もしていませんでした。

今考えれば、もったいないことをしていたなと思います。
お客さんを待つ長い時間。その手持ちぶさたな時間にできることはたくさんあったはずです。

当時はそこまで考えが至らず、時間だけが過ぎていくことに不安を覚えていました。

さすがに何かしなくてはと、自分でも集客に動き出してみたものの、右も左も分からない手探りの状態。
インスタを始めても、すぐに思ったような反応が得られるわけもなく、なかなか成果には結びつきませんでした。

この業界には競争相手がたくさんいます。腕の立つ先輩美容師がたくさんいる中、デビューしたばかりの新人には厳しい世界ですよね。最初からそう簡単に上手くはいきません。

でもこの忍耐の期間を、“どんな心がけで過ごすか” が重要だと僕は思っています。
「こんな美容師でありたい」というポリシーを、強い思いでひとつひとつの仕事に反映させていけば、その踏ん張りを見ていてくださる方が必ずいて、未来のお客様になってくださる。

だからこそ一期一会を大切に。
そう信じて行動してきたことが、当時この課題をクリアできた秘訣だったのだと思います。

【連載vol.2】お客様の“オンリーワン”を目指す美容師の【接客・サービス】5つの極意

この記事が気に入りましたか?

Loading ... Loading ...

\コラムニストへの質問もこちらから🎉/


Writer この記事を書いた人

美容師歴14年目。現在はAUBE HAIR tokyo銀座3号にてフリーランスとして活動中。 自身が理想とする美容師像を貫きながら、年間指名3000名を担当し、2021年にはAUBE300店舗のなかで総売上・指名売上・指名数1位を達成。