ミニモのサロン集客メディア

ミニモ運営事務局

マツエクサロンの集客ミニモの集客
2020.10.28

大阪トップ マツエクサロンは写真と〇〇〇技術で圧倒的な差をつけていた! TITI&MERO【スタッフ編】


毎日来てくれるミニモ新規客からの情報で人気メニューが続々誕生!


ミニモで常に人気順上位をキープしている大阪のまつ毛エクステサロン「TITI&MERO」。人が人を呼び、単価を上げた今も変わらず、ミニモからの新規客がゼロの日はほぼ無いそう。いったいどんな工夫をしているのか、アイデザイナーの山原由莉子さん、石原真利さんに教えてもらいました。


オーナー麻生えみさん(左)/心斎橋店マネージャー山原由莉子さん(中央左)/京橋店マネージャー石原真利さん(中央右)/オーナー中園まゆみさん(右)

 

ご来店前に悩みや希望を相談できるのがミニモ最大の魅力

―まず、ミニモを利用し始めたきっかけから教えていただけますか?

山原由莉子さん(以下、敬称略) 私は練習モデルを集めるために、5年前から使い始めました。このサロンに来る前は美容師で、アイデザイナーとしては新人でしたので、無料で沢山のお客様を担当していました。

石原真利さん(以下、敬称略) 私も、エステティシャンからの転職で、アイデザイナーとしては新人でしたので、最初は練習モデル探しが目的でした。ここで働き始めたとき、既にみんながミニモを使っていたので、自然に始めた感じです。

―ミニモがスタートした当初からご利用いただき、ありがとうございます。確かにスタート時は、モデル探しに使うイメージがありましたよね。実際にミニモを使ってみて、どのような点が便利だと感じていますか?

石原 他の予約サイトは店に対して予約を入れるシステムですが、ミニモはスタッフ個人に予約できる点が、お客様に喜ばれていると思います。スタッフ一人一人、得意なデザインが違いますし、お客様も、自分がやりたいデザインを得意とするアイデザイナーに直接予約できたほうが満足度も上がります。毎日1~2件はミニモからの新規ご来店がありますので、とても助かっています。

山原 自分とフィーリングが合いそうなアイデザイナーにお願いできるのは、お客様にとって本当に良いシステムだと思います。メッセージのやり取りができる点もいいですね。予約前やご来店前にお悩みや希望の相談をしてもらえると、当日に慌てて対応することが無くなりますし、なによりお客様のご満足度が上がります。

石原 ご新規のお客様はとくに、事前にコミュニケーションがとれていたほうが、緊張感なくリラックスして過ごしてもらえます。

山原 ミニモのお客様はサロン探しに長けているし情報量も多いので、お話ししていると、知らない情報がたくさん入ってきます。ファッションやヘアスタイル、メイクのリアルなトレンドが分かって、それに合わせたメニューも作れて、それがまた、新規のお客様につながっていく。いいことずくめです!私も毎日1~2件、ミニモからのご新規様を担当しています。お店単位でも、ミニモだけで1日10件はご来店いただいていると思います。

 

圧倒的な人気のヒミツは最先端サロンとしてのブランディングにあった!

―大阪のサロン激戦区でミニモだけで1日10件の新規獲得はすごいです!とくにお二人はいつも、ミニモの人気順上位にいらっしゃいます。ページづくりに何か特別な工夫はしていますか?

石原 これは私個人というよりお店の方針ですが、とにかく最先端技術をどこよりも先に取り入れ、メニュー名に加えます。今なら『バインドロック』です。お客様からすれば、新しい技術を提供しているお店にはトレンド感やオシャレなイメージを抱きますし、そんなお店になら行きたいと思いますよね。新しい情報は社長がいち早く仕入れてくれるので、私達も最先端の技術を早く習得することができます。新技術は、まず私と山原で約1カ月かけて商品化できるまでにして、新メニューとしてスタートさせ、同時に他のスタッフにも習得してもらって、少しずつ提供できる人を増やしていきます。

山原 最先端メニューには必ず、目を引くコピーをつけます。『バインドロック』には「話題沸騰!」みたいな。まだバインドロックを知らないお客様でも、トレンド感を出すことで興味を持ってもらえ、「よくわからないけどやってみよう」という感覚で予約される方もけっこういらっしゃいますよ。

 

写真は「映え」が目的になってはダメ。大切なのは「行きたい」と思えるかどうか

―まつ毛エクステのイメージ写真は、個性を出したり変化をつけたりするのが難しそうですが、「TITI&MERO」のヴィジュアルは、圧倒的にきれいで統一感があります。どうすればこのような美しさを出せるのですか?

石原 スマホ用の照明を購入して、ライティングは徹底的に工夫していますが、目もとのアップをスマホでキレイに撮るのは、とても難しいです。まつ毛にピントを合わせたら目がボケるし、黒いまつ毛と白い肌を同時にキレイに写さないといけないし……。カメラマンでもない私達が普通に撮っても、なかなか満足いく仕上がりにはならないので、そこは写真加工が得意なスタッフに任せて、お店の雰囲気に合わせた可愛い写真に仕上げてもらっています。

山原 つまり「映える」写真を目指しているのですが、ただ目立てばいい、個性を出せばいいということではなくて、お客様が「可愛い!このお店に行ってみたい!」と思ってくださる写真にすることを心がけています。

―写真でのブランディングが成功しているな、と実感することはありますか?

山原 店舗によって違う店の雰囲気を写真でしっかり伝えられるように心がけているせいか、実際に来られるお客様も、それぞれの店の雰囲気に合っているように思います。「TITI&MERO」の場合、心斎橋店は可愛らしく、京橋店は落ち着いた雰囲気なのですが、お客様層も、心斎橋のほうが若く、京橋店のほうが大人のお客様が多いです。

 

ファッションリーダーやトレンドワードを敏感にキャッチして広告に応用

―宣伝文を作成するにあたり、参考にしているものはありますか?

石原 同業者の人気インスタグラマーやファッションアイコンな人達のSNSは毎日チェックして勉強しています。

山原 同業者で人気のアイデザイナーさんが使っているコピー等でいいものがあれば、使わせてもらったりもします。

石原 最近ですと、「次世代」という言葉はヒットしましたね。お客様が興味を持ってくださいました。

―まつ毛のデザイン面でもSNSの影響はありますか?

石原 オシャレなタレントさんがご自身のマツエクを紹介すると、その方と同じデザインのオーダーが増えたりします。パリジェンヌとエクステのミックスオーダーが増えたのは、ファッションリーダーのGさんがお勧めしてくださったおかげですね。最近またまつ毛パーマの需要が伸びていて、当店でも2割程度はまつ毛パーマになってきました。

山原 コロナ禍でサロンに通う回数を減らしたぶん、持ちが良いデザインにしたいというお客様も増えています。これまで2週間おきに来ていた方が月1回になって、そのぶん持ちを良くしたいからバインドロックにグレードアップする感じです。

 

当日キャンセルをカバーしているのはミニモからの当日予約

―実際に予約が入ってからご来店までの間、キャンセル防止のために何か工夫していることがあれば教えてください。

石原 新規のお客様には、事前にキャンセルポリシーをお話ししています。お客様にもご都合があるので、なるべく柔軟に対応していますが、キャンセルが何度も続くお客様は、ご来店前日の確認電話やキャンセル料などの対応をとっています。

山原 雨の日は当日キャンセルが増えますね。でも同じくらい、雨の日だから来るというミニモからの当日予約のお客様もいるので、助かっています。

―今では連日予約でいっぱいの人気アイデザイナーのお二人も、始めは練習モデル探しでミニモを活用していたんですね。ミニモは、その時々の用途に合わせていつでもメニューや宣伝文を変更できますので、皆さまの集客にもっともフィットするページづくりを、さまざまなアプローチで試してみてください。

 

編集後記

とてもお忙しい中、4名でのご参加ありがとうございました!
皆さんと和気あいあいとした雰囲気で話していると、まるで女子会のようで仕事をしているのを忘れるくらい、笑い声の絶えないとても楽しい取材でした!
注意や指導するよりも「信頼して任せる」ことでスタッフが伸び伸びと仕事ができ、それぞれの個性が活かせる。目の前のことに全力を尽くせる。
オーナーとマネージャーの信頼関係の強さは目を見張るものでした。

サロン名
TITI&MERO 京橋店
アイリスト名
マネージャー 石原 真利/掲載ページはコチラ
住所
大阪府大阪市都島区東野田町4-7-23 サンビル京橋1F

サロン名
TITI&MERO 京橋店
アイリスト名
マネージャー 山原 由莉子/掲載ページはコチラ
住所
大阪府大阪市中央区南船場4-8-4 BRISE南船場702

Writer この記事を書いた人