ミニモのサロン集客メディア

ミニモ運営事務局

ネイルサロンの集客ミニモの集客
2021.05.18

ミニモの集客だけで月120件を維持するコツは〇〇〇の利益を優先させること


社会人経験ゼロからのスタート。子育てしながら渋谷にサロンをオープンさせた中国出身ネイリスト

渋谷の好立地にあるネイルサロン、cho nail 。中国出身のオーナー・張超さんが、2020年10月にオープンさせました。オープンからわずか半年にも関わらず、ミニモからの集客は月120件超え! どのような秘策があるのか取材をしたところ、そこには、商売の基本を守る考え方がありました。

「ミニモがあれば集客に困らない!」確信して3カ月で自分の店をオープン

 

―ミニモを使い始めたきっかけは?

まだフリーランスのネイリストだった2020年の7月、働いていた友人のネイルサロンで知りました。個人単位で集客できると聞いて、すぐに登録しました。

本当は2020年の2月に自分のサロンをオープンする予定でした。でも、新型コロナで先が見えなくなり、延期していたんです。しばらくは、フリーランスで働きながら様子をみようと思っていました。
ところが、ミニモを始めたら、初月から1日2~3件は予約が入ったので、「これなら、サロンをオープンしても集客できる!」と確信して。2020年10月に、念願だった自分のサロンを持ちました。今では、ミニモだけで毎月120件~130件のご来店があります。

 

―7月にミニモを知って、集客の可能性を確信して、10月には自分の店をオープン。すごい行動力ですね。渋谷を選んだ理由は?

フリーランスになる前、渋谷のネイルサロンで7年ほど働いていたので、渋谷の客層や文化を分かっていた…… という点もありますが、渋谷は憧れの街だったから、という理由のほうが大きいかもしれません。

私は中国出身で、渋谷に憧れ、大学生のときに来日しました。大学では、舞台衣装を中心としたファッションを学んでいました。私にとって渋谷は、ファッションの聖地、東京のランドマーク的な存在なんです。

ファッション業界への道を夢見ていましたが、就職する前に子供を産んだため、社会人になることなく、しばらく子育て中心の生活をしていました。

子育てしながら自分も楽しめることとして、セルフネイルをしたり、友人にもしてあげたりしていたところ、複数の人から「仕事にしたほうがいいよ!」と言われて、真剣にネイリストへの道を考え始めました。

「ネイリストなら、子育てとの両立もできそう」

そう思って、ネイルスクールに入学しました。必要な資格を取り、ネイリストとして渋谷のネイルサロンで働き始め、今日にいたります。

 

―夢や希望をかなえる行動力、あたらめてすごいと思います。念願のサロンは、どのようなコンセプトですか?

年齢や性別に関係なく、誰もが思い通りの美しいネイルを、思いきり楽しめるサロン。これがコンセプトです。

「お客様の思い通りのネイル」を実現させるには、ネイリストの技術と経験が必要です。お客様がパッと見て、「ここならどんなデザインもやってくれそう」と思ってくれるように、スナップフォトには、高度な技術を使ったデザインをアップしています。

アイドルタレントのミニチュアを指先につけたり、スカルプをハート型にくり抜いたデザインの写真をアップしたりしたときは、一気に「お気に入り」が100人以上増えました。

私自身、華やかでデコラティブなデザインが好きですが、お客様も、派手なデザインに惹かれるんだな、と感じています。実際にはシンプルなネイルをオーダーされるお客様でも、来店のきっかけは「デザインがどれも華やかで楽しいから」という方は多いです。

 

店の都合で価格設定しない。優先すべきはお客様の利益

 
―いずれのデザインもかなり手が込んでいて、手間と時間がかかりそうです。価格設定はどのような基準ですか?

ジェルネイルは、アート付け放題で6,800円(オフ込/2回目以降は7,800円)、スカルプは、デザイン付け放題で13,000円(オフなし/2回目以降は14,800円)です。
先ほど紹介した、アイドルやくり抜きハートなど手の込んだデザインは、一般的なサロンではプラス料金がかかって、20,000円を超える場合が多いですが、私は、どれだけ凝ったデザインでも、13,000円(2回目以降は14,800円)で受けています。

原宿から渋谷エリアの相場を考えると13,000円は安いと思いますが、それでも、お客様にとっては、とても大きな出費です。誰でも思いきり、思い通りのネイルを楽しんでもらえるために、できる限り安く、明瞭な価格にしたつもりです。
ありがたいことに「安くて希望通りのデザインにしてくれるから」と、多くのリピートにつながっています。

お客様の利益が、ひいては自分の利益になる。

この心がけを忘れずに、今後も頑張ります。
近い将来、新宿に新店舗をオープンさせて、いずれは中国にも進出したいです!

 

編集後記

現代の女性像を象徴したような張さん。
子育ての後、ネイルスクールに通いお仕事と両方されたのは、大変な努力があったと思います。
それでも、ネイルが、お客様に喜んでもらうのが、好きだからここまで成功されたんだなと感じました。
華やかで楽しいデザインのネイルを中国でも広めてくれるのが楽しみです!

サロン名
Cho nail&eyelash
店長
Cho/掲載ページはコチラ
住所
東京都渋谷区渋谷1-12-12 宮益坂東豊エステートビル403

 

この記事が参考になりましたか?

Loading ... Loading ...

 


Writer この記事を書いた人