ミニモのサロン集客メディア

ミニモの集客美容室の集客
2022.05.13

【連載vol.4】お客様の“オンリーワン”を目指す美容師の【接客・サービス】5つの極意


この記事は5分程で読み終わります

お客様のオンリーワンになるための「接客・サービス」ポイント5つ(後編)

Point 4.一期一会の精神が、お得意様と新たな出会いを生む

「一期一会」は僕の座右の銘。お客様との出会いをとても大切にしています。
ご縁を大事に育んできた結果、今多くのお客様に支えていただけているんだと思います。

もうずっと僕のところに通ってくださっている方もたくさんいて、長い方だと、もう14年のお付き合いになります。

僕が上京したばかりのときに出会った、前述の白髪染めモデルハントで出会った方です。
今はご家族そろって僕のところに通ってくださっています。

上京してすぐ銀座の美容室で働いていた僕は、東京のことがよく分からず、白髪染めのモデルを探すといっても、どこに行けばいいか分かりませんでした。
そこで、「おばあちゃんイコール巣鴨!」で出向いた先で出会ったのがご縁のはじまりです。

ひょんなきっかけからこんなに長く通ってくださるなんて、感謝しかありません。
ずっと支持してくださる方がいることで、自信にもなりますし、背中を押してもらっているなと常々感じています。

出会いのエピソードのインパクトで言うと、最近こんなこともありました。

以前指名なしで一度来店してくださったお客様から、先日3年ぶりの予約。
特に僕を指名してくださっていたわけではないのですが、この日はたまたま僕が担当することになりました。

日頃、指名のお客様のみを担当させていただいているので、この日でなければ再会はなかったかもしれないと思うと不思議なご縁です。

予約内容は「カット+TOKIOトリートメント」
前処理トリートメントサービスのキャンペーン中だったのですが、この予約内容だとそれが適用されません。

ただ、出会えたのもご縁だと思い、髪の状態から判断してひとつ料金の高いトリートメントをサービスでさせていただきました。

そのトリートメントを大変気に入っていただき、Twitterに感想を投稿してくださったんです。

すると、その投稿に2.6万「いいね」が!リツイートは2000件。
一晩で僕のInstagramのフォロワーは900人増えました。

初めはなにか変な事に巻き込まれてしまったのではないかと焦ったくらいです!
すごく嬉しいTwitterの内容で、それが広まったおかげで指名での予約が殺到。

目の前のお客様を大切にすることが、新たな出会いを生んでいく。
そんな不思議を体感しています。

 

Point 5.相手を喜ばせたいという気持ちがいちばん!

接客やサービスとなると、
「コミュニケーションが苦手」とか、「お客さんと上手く会話ができているだろうか…」
という不安がよぎる人も多いかもしれませんね。
そのための対策や攻略法を知りたいと思っている人もいるでしょう。

でも、僕が考える接客やサービスは「人見知り」や「話し下手」かどうかは関係ない。
接客の向き不向きを考える前に、まず相手を喜ばせたいと思うことがいちばん大事で、そこが空っぽだと、何をしても相手に伝わらないサービスになってしまいます。

僕たちは美容師。だから接客やサービスでも、美容師のスキルと知識を使って相手を喜ばせることができればいい。

話題が豊富でなくても大丈夫です。お客様と会話が弾めばいいというものでもありません。本当はゆったりとした時間を過ごしたいお客様かもしれませんよね。

僕は雑誌を読んだりスマホを見たりしているお客様なら、ご自宅でしてほしいケアがある場合のみ声をかけるようにしています。

気をつけているのは、声をかける時に必ず右側からとか、自分の声のボリュームはお客様の声のプラス1くらいとか、その程度です。
あとは相手の望んでいることを、ちゃんと汲み取ることに意識を向けています。

美容師は、「この仕事を通して人の助けになりたい」という思いをどこかに持っているはず。それがあれば、取り繕ったりせず、素の自分で勝負しても大丈夫です。
もちろん、お客様に失礼のないようにマナーを身に付けておくことは大事ですよ!

お客様の悩みを解決したり、質問に答えるのにまだ知識が不十分なら、それを補うための勉強をすればいいだけです。接客に苦手意識を持つ必要はありません。

型通り接客しようとしたり、無理に会話を広げようとするのではなく、
「この人を喜ばせたい!」という気持ちで接すれば、お客様にはきちんと伝わります。

 

「お客様をどれだけ大切に思えるか」がカギ!

美容師の仕事が好きで、たくさんのお客様に支えていただいている僕が思う「接客・サービス」についてお伝えしてきました。

ポイントは、

✓最初のカウンセリングで悩みや希望を正しく把握する
✓潜在的な悩みを解決して、望み以上の仕上がりを目指す
✓実現可能なホームケアの助言で、美髪を一緒に育てていく
✓目先の利益にとらわれず、お客様が得することを優先する
✓一期一会の精神でお客様との関係を大切に築いていく
✓「相手を喜ばせたい」という気持ちでお客様と向き合う

これを意識するだけで、お客様を笑顔にできる気がしてきませんか?

ここで前述のTwitterバズリ事件の後日談を。
あまりに予約が殺到してしまい、今まで応援してきてくださったお客様の予約が取れなくなってしまうという状況に陥ってしまいました。

新しい出会いも大切にしていますが、これまでたくさんのことを学ばせてもらい、コロナ禍でも沢山支えてもらったお客様にできる限りのことをしたいと考えた僕は、Twitterの投稿を消してもらうにようお願いし、インスタとミニモの紹介も削除してもらいました。

一時の賑わいは落ち着きましたし、お客様とは長くお付き合いしていきたいので、今は人数制限して働かせてもらってます。これが僕らしいお客様との向き合い方です。

理想は、お客様が鏡を見て「そろそろ美容室にいかなきゃ」と思ったときに顔が浮かぶ美容師。大事なお客様の日常に、僕が当たり前に存在していたいんです。

たくさんのお客様に応援していただけているのは、その思いが伝わっているからかもしれません。

結局、「お客様をどれだけ大切に思えるか」が接客・サービスのカギなんだと思います。
出会いに感謝して、まずはお客様一人一人を好きになることがその一歩かもしれませんね。

 

この記事が気に入りましたか?

Loading ... Loading ...

\コラムニストへの質問もこちらから🎉/


Writer この記事を書いた人

美容師歴14年目。現在はAUBE HAIR tokyo銀座3号にてフリーランスとして活動中。 自身が理想とする美容師像を貫きながら、年間指名3000名を担当し、2021年にはAUBE300店舗のなかで総売上・指名売上・指名数1位を達成。