ミニモのサロン集客メディア

ミニモ運営事務局

美容室の集客
2018.08.21

amond・飯野ゆかり流!インスタグラムを使った集客のコツとは?


今や美容業界でも定番となったSNSでの集客。
なかでも、スタイル写真やヘアセット・ヘアアレンジ動画を投稿することができる「Instagram」は美容師さんと相性がいいですよね。

「amond」の飯野ゆかりさんは、Instagramを使って集客しているひとり。Instagramの活用方法や集客のコツをおうかがいしました。

飯野 ゆかり

表参道の美容室「amond」の代表。女性ならではの感性でお客さまの隠れているポテンシャルを引き出し、究極の似合わせを実現している。

  • Instagram
  • facebook
  • twitter

インスタがヘアカタログに?時代にあわせたSNSの活用

Instagramは「美容師だったら時代のトレンドについていかなきゃ」と思い、使いはじめました。

今後ヘアカタログってなくなっていくものだと思うので、私はInstagramをヘアカタログとして使っています
投稿する写真は、サロンとしても「カラー推し」にしていることもありカラーに特化。カウンセリングのときは、ヘアカタログのかわりに自分のインスタを見せています。

「集客に使えるかも?」と思ったきっかけは、DMが届いたこと。
「このカラーってどうやってやるんですか?」「どんな薬剤を使ってますか?」という美容師さんからの問い合わせがすごく多かったんです。

飯野さんが手がけたスタイル。個性的なカラーが特徴。

お客さまが見ているのは美容師が思いつかないハッシュタグ

Instagramを見て来てくださったお客さまには「どんなハッシュタグで調べたか」を聞いています。
美容師からしたら思いもよらないハッシュタグが出てくるので、大きなヒントになります。

記憶に残っているのは「#ショートロング」というハッシュタグ。切りたいけど、なるべく長く…という気持ちのあらわれなんでしょうね(笑)。

美容師にはできない発想なので、「なるほど、こう来るか!」と思います。おもしろいですよね。

インスタはすべての撮影の基礎になる

Instagramって、「フォロワー数」というかたちで結果が出るんですよ。だから、自分で自分を褒められる。

Instagramは、サロン撮影やスタイル撮影の基礎中の基礎。撮ることに意味があると思うんです。
撮ることによって「もうちょっとこうすればよかった」という反省ができたり、次にどんどん活かしていける。

まずはいいカラーができたら最後にバックシルエットを撮らせてもらう、ということから初めるといいんじゃないでしょうか。
自分は何を特化させていくのか」というストーリーをしっかり決めて、やっていくのが大切ですね。

飯野ゆかり流!インスタ投稿3つのポイント

①よく見られる時間帯をねらう

ゴールデンタイムは夜の0時代!特に、日曜の夜ですかね。

②構図を工夫する

ぱっと見たときの構図や、他の写真と並んだときのバランスが大切です!

③毎日投稿する

フォロワーを増やすためには、毎日投稿することが必須!

 

サロン名
amond
住所
東京都渋谷区神宮前3-42-5 スピナッチヒル神宮前3F
掲載ページ
飯野ゆかりの掲載ページ

 

中野 友介

美容業界に特化したNAZEBAKAトレーニングの創始者。面白く笑いながら成長できると人気を集め、受講後数々の記録を塗り替える仲間が続出している。

  • Instagram
  • facebook
  • twitter

(取材・撮影:中野友介, 文:ミニモ運営事務局)


Writer この記事を書いた人

ミニモ運営事務局

サロン集客アプリ「ミニモ」は掲載料0円!ミニモならではの新規客の集客・リピーターの獲得方法を"中の人"がお届けします。掲載に関するご質問がある方は下記の「お問い合わせ」よりお待ちしております( ´◡` )

Contact     ミニモの新規掲載に関するお問い合わせ

     新規掲載をする

※Googleフォームに遷移します

   

新規掲載に関するお問い合わせ

     新規掲載をする

※Googleフォームに遷移します