ミニモのサロン集客メディア

ミニモ運営事務局

美容室の集客
2018.03.14

KENJE annetta 清水優以さん/女性美容師として輝き続けるために重要なこととは?


カジカジH TOKYO × minimo

 
『カジカジH TOKYO』は新感覚のヘア×ストリートマガジン。2018年3月14日発売のvol.5は美容師さん特集!紙面の「fresh」企画で春の新作を着こなす美容師さんの私服や人物像をご紹介します。

清水 優以(29)/KENJE annetta/スタイリスト兼ケアリスト/横浜fカレッジ

自由参加の大会に毎年出場

「UNITED DANKS」という会社でやっている大きいコンテストがあって、毎年必ず出ています。自由参加なんですけど、お洋服からメイクまで自分の好きなスタイルができるので、すごく面白くて。

お洋服や化粧品が大好きで、休日もショッピングをすることが多いですね。

 

今季注目のメイクはキラキラのラメメイク。今日はアディクションのアイシャドウを使っています。

こだわりなくいろいろ買ってるんですけど、シャドウはアディクションが一番きれいかなーって思っています。この春リップはピンクやベージュなどの薄い感じの色味が可愛い気がします。

 

大好きなファッションをめいっぱい楽しむ

女性美容師として輝くためには、お仕事も充実させながら、「ファッションとかプライベートも思いっきり楽しむ」っていうのが大事なことじゃないかなと思っています。

トータルコーディネートを意識することが得意で、好きなんですよね。お客さまとメイクの話や洋服の話をしたりすることもありますよ。

 

土地柄、ご年配の方が比較的多いので、お仕事の日のファッションはあまりごちゃごちゃしないように意識しています。派手な柄はお客さまの髪の邪魔してしまうからあまり着ません。

いろんな年代の方と関わるので、どの人が見ても清潔感があるように見えることを重視しています。

 

お客さまにとって必要な人でありたい

最近、昔から担当しているお客さまの就職が決まって、報告しにきてくれたことがあって。人と人とのつながりや、出会いを感じて改めて嬉しくなりました。

お客さまと信頼関係を築いて、お客さまにとって必要な人になること。髪のこと以外でも、悩みがあるときに自分が浮かんで、なんでも言える存在になることが美容師としての目標です!

 

カジカジH TOKYO

ヘアからはじまり、ファッション、カルチャー、ライフスタイルまで広がる新感覚のストリートマガジン。カジカジH、待望の東京版です。ご購入は▷コチラ

  • Instagram
  • facebook
  • twitter

 


Writer この記事を書いた人

Contact     ミニモの新規掲載に関するお問い合わせ

     新規掲載をする

※Googleフォームに遷移します

   

新規掲載に関するお問い合わせ

     新規掲載をする

※Googleフォームに遷移します